病院で出来る早漏予防

包茎だと、早漏になりやすいという傾向があります。

 

亀頭部が敏感になり過ぎるので、早漏になってしまうのです。

 

この関係から、病院で包茎の手術を受けると早漏も治るという考え方があります。

 

包茎の手術方法は進化していますから、メスを使わない方法もあります。

 

男性の悩みには包茎も多いので、一度検討してみるのもよいでしょう。

 

ただし、包茎にも必ずしも手術が必要ないケースが多いのです。

 

日本人男性は包茎になりやすいという特徴がありますが、特に治療の必要なく一生を終える人もたくさんいます。

 

もしも手術をするとしても、ヒアルロン酸の注入法などは簡単です。

 

亀頭部にヒアルロン酸を注射することで、増大力と持続力の両方を改善できるのです。

 

気になるのは、料金の問題ですね。

 

ヒアルロン酸注入は、1ccにつき8万円程度と考えておけばよいでしょう。

 

病院によっては料金が上下しますが、そのくらいを目安に見ておいて大丈夫です。

 

どのくらいの量を注入するかは医師との相談になり、予算との兼ね合いにもなるでしょう。

 

ヒアルロン酸注入は、半年から一年程度の効果が持続します。

 

体の中に残るものではないので安心ですが、定期的に治療を受ける必要があることは忘れないでおきましょう。

 

女性の美容法でもよく用いられているヒアルロン酸で早漏予防が可能になるなら、試してみる価値はありそうですね。

 

早漏予防の専門クリニックもあるので、最寄で探してみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る