早漏予防と心理的な問題

早漏のタイプには、心因性のほうが多いという傾向があります。

 

中には、早漏かもしれない、きっとそうに違いないと心配しすぎることで、早漏になってしまう人もいます。

 

EDと同じように、早漏は非常にデリケートな心理問題が影響することなのです。

 

適度な時間の射精、そんなものがあるのかどうか疑問ですが、なぜか早漏を心配する男性がたくさんいます。

 

それは女性にも確かめようがなく、男性自身にもあまりよくわからないことでしょう。

 

一番いいのは、あまり深く考えずに、マイペースに性行為をすることです。

 

それが上手くいかないのは、女性に気兼ねするタイプだからかもしれません。

 

気持ちがやさしい男性ほど、早漏になりやすいのかもしれませんね。

 

そんな方は、パートナーの女性とよく話し合って理解してもらうことが効きます。

 

相手の女性が受け入れてくれると思えば、緊張する必要もないからです。

 

百人の人がいれば、性行為の仕方は百通りです。

 

それほどの差はないとしても、自分達の好きなようにすればいいのです。

 

確かに、女性にとっては長持ちしてくれるほうが満足度が高いかもしれません。

 

とはいっても、それ以上に女性には愛されることが重要なのです。

 

気持ちがこもっていないセックスをするよりも、早漏でも精神的に深い愛情を感じられるほうが満足できます。

 

女性の満足度は男性とは微妙に異なるのですが、男性でも女性でもセックスに愛情があったほうがより充実するのは同じですよね。

 

早漏予防の訓練などをしながら、心理面での充実も考えてみてください。

トップへ戻る