副作用のない精力剤

海外ではバイアグラなどの副作用の影響で死亡事故が起こったという報告もありますので、ED治療を行っている男性の注目はED治療薬の副作用に集中しています。

 

そのため、ED治療薬ではなく、精力剤でED治療を行うという男性も増えています。

 

ED治療薬で心配される副作用ですが、精力剤では副作用がないと言われています。

 

その理由の一つが原材料になります。

 

話題の精力剤に超威龍があります。

 

漢方系の精力剤ですが、効果が非常に高く、多くの男性が愛用しているヒット商品になります。

 

超威龍に使用されている成分は全て漢方で、「枸杞子(クコの実)」「胡桃仁(クルミ)」「巴戟天(はげきてん)」「イカリソウ」「ゼラチン」「冬虫夏草」「擬黒多刺蟻」になります。

 

クコの実やクルミなど、およそ副作用とは無関係な漢方が多く使用されており、レビューに寄れば、超威龍を使用して30分程度で体の火照りを感じ、性的興奮を感じたとあります。

 

体の火照りを副作用として考えるならば、性行為の延長上の現象ですので、気にするほどの物でもないでしょう。

 

また、火照り自体も性行為が終われば静まってしまいますので、ED治療薬に見られるような重篤な副作用になる事もありません。

 

最近の精力剤には漢方系以外にもサプリ系などもあり、健康食品としての精力剤も増えてきました。

 

副作用の心配もなくED治療を行うなら精力剤の方がいいかもしれません。

トップへ戻る