媚薬

媚薬とはどういった薬なのでしょうか。

 

媚薬は、主に性的な興奮をを高める効果のある薬のことを指します。

 

また広い意味では、薬という概念だけではなく、精力がつく食品にも呼ばれることがあります。

 

また物語の世界では、媚薬が魔法の薬のように取り上げられていたりもします。

 

この場合は、射止めたい異性に対して恋愛感情を自由に操るという意味で多く使われています。

 

つまり、媚薬=惚れ薬ということですね。

 

もちろん現実の世界では実用化はされていませんので、今のところ架空の薬ということになります。

 

媚薬という言葉の歴史がとても古いものです。

 

初めは、薬ではなく食品としての認識が強かったとされます。

 

野菜や果物、肉類などが挙げられました。

 

ですが、こういった知識は、地域によって大きく偏りがありましたのでそれぞれの土地で知られている「媚薬」が
存在していたことでしょう。

 

当時は媚薬といえば刺激の強い食品というイメージが根強くあたそうで、例えばタマネギは過去によく媚薬扱い
されていました。

 

では、現在媚薬として語り継がれている食品はどういったものがあるのでしょうか。

 

・りんご
・ザクロ
・イチジク
・卵
・チーズ
・牡蠣
・カカオ
こういったものが挙げられます。

 

また薬として媚薬を分類すると
・催淫剤
 性欲が減退したときに効果があります。

 

 勃起を促します。

 

 配合されている成分が少し異なりますが、女性用もあります。

 

・勃起機能改善薬
 バイアグラなどが代表格です。

 

・性ホルモン剤
 性欲の増進に効果があるとされています。

 

このように媚薬とは、とても広い意味を持っている言葉なのです。

トップへ戻る