EDの原因と治療対策

EDの原因が何であるかを知ることは、重要です。
というのも、EDの治療薬として知られるバイアグラやシアリスは、一時的には効果があるものの根本的な治療にはならないからです。
別の病気により、ED患者となっている人は多いようです。
例えば、中高年で高血圧の人には、10人に1人がEDだともいわれています。
心筋梗塞や狭心症、不整脈、動脈硬化などの血管関係の病気も、EDを招く恐れがあります。
なぜなら、勃起が血流と血管の働きから起こることだからです。
そのことから、バイアグラは狭心症の薬との併用が禁じられています。
狭心症によってEDになってしまった人にしてみれば、残念で仕方がないでしょう。
もちろん、他の病気であっても、バイアグラに一存するのでなくもともとの病気を治すことを大事にしなければなりません。
それだけでなく、体全体の健康を考えることが、一番大事にすべきことです。
EDになってから、病院で他の病気が見つかるケースもあります。
糖尿病や慢性腎不全なども、EDの原因になる代表的な病気です。
また、病気などが心配で、ストレスがたまってEDとなることもあります。
ED治療薬は勃起を促す効果がありますが、性交渉のための薬だと思って根本の病気の治療はしっかりと行わないといけません。

トップへ戻る