EDの治療薬:レビトラ

日本国内で医師から処方してもらえるED治療薬は、バイアグラ、シアリス、レビトラの3種類です。
レビトラはバイアグラの次に売り出された薬で、バイアグラとは少し違う特徴を持っています。
そのため、他のED治療薬よりレビトラを気に入っている人もたくさんいます。
レビトラは、5mg、10mg、20mgの錠剤が出ています。
一度にどのくらい服用するかは、医師がアドバイスしてくれます。
決められた以上の服用をすると、健康被害が起こる可能性があるため、注意してください。
中には、精力剤のようなつもりでレビトラを利用している人もいます。
病院でも問診のみでレビトラを処方してもらうことができ、また個人輸入などで手に入れることができるため、健康な人でも使うことができるのです。
使用法や用量には、十分注意する必要があります。
個人輸入でレビトラを購入すると、病院で処方してもらうより費用は安く済みます。
しかし、海外のショップなどから輸入することになるため、粗悪品や偽物が送られてしまうこともあるといいます。
服用して初めて偽物だと気付くのでは、恐ろしいですね。
せめて、パッケージに気をつけるなど、予備知識を仕入れて購入に細心の注意を払っておきましょう。
個人輸入代行業者に信頼のおける業者を選ぶことも、重要です。

トップへ戻る