ED治療薬のバイアグラとの飲み合わせの注意

ED治療薬のバイアグラとの飲み合わせの注意

ED治療薬のバイアグラとの飲み合わせの注意

バイアグラは、世界で最もポピュラーなED治療薬です。

 

日本でも多くの利用者がおり、データも豊富にあります。

 

シアリス、レビトラなどの精力剤と比較しても、根強い人気があります。

 

 

服用する際の注意点としては、飲み合わせの問題があります。

 

当然のことながら、アルコールで飲むのはいけません。

 

また、ジュースやお茶と一緒に飲むのも避けたいものです。

 

相性の悪い成分と一緒に服用してしまうと、思わぬ副作用が出ることになります。

 

最悪の場合は、命に関わる危険性もあるでしょう。

 

 

日本人の多くは、生活習慣病を患っています。

 

これらは、日々の生活習慣が原因となって発症するものです。

 

代表的な症状には、高血圧、脂質異常症、糖尿病、動脈硬化などがあります。

 

これらの症状を解消するため、何らかの薬を飲んでいる方は多いでしょう。

 

 

バイアグラと特に相性が悪いのは、血圧の薬なのです。

 

バイアグラに含まれるシルデナフィルは、血管を拡張する働きがあるのです。

 

狭心症や高血圧改善のために硝酸塩系薬剤(ニトログリセリンなど)を服用している方は、強い副作用が出る可能性があります。

 

 

アルコールとバイアグラの相性は、それほど悪くないと言われています。

 

しかし、悪くないというだけで、決していいものではありません。

 

アルコールよりも、水で服用したほうがいいのは間違いありません。

 

場合によっては、バイアグラの働きを弱めてしまうことになります。

 

本来の薬効を期待するならば、正しい服用方法を厳守する必要があります。

トップへ戻る