勃起不全(インポテンツ)の原因ってなに?

勃起不全(インポテンツ)の原因ってなに?

勃起不全(インポテンツ)の原因ってなに?

セックスの悩みについて調べていると、よく勃起不全(インポテンツ)という言葉に出会います。

 

この勃起不全(インポテンツ)は、別称EDとも呼ばれているもので、昨今よく聞くようになったワードでもあります。

 

セックスの時に、陰茎が思うように勃起しない、だからセックスが満足に行うことが出来ない、パートナーを満足させられない、そういったことが起こるのが勃起不全(インポテンツ)です。

 

勃起障害とも言います。

 

昨今と前述しましたが、この勃起不全(インポテンツ)が現代人だけの悩みということではありません。

 

確かに、現代人はストレスフルで忙しい日々を送る人が増えており、いかにも勃起不全(インポテンツ)に陥ってしまいそうですが、実は昔もこれは存在したのです。

 

ただ、表立って話題にならなかったということです。

 

それだけ、男性のプライドが高かったのでしょう。

 

現代においては、この勃起不全(インポテンツ)を1つの病気として扱っています。

 

何も恥ずかしいことではなく、適切に治療を行うことで治る病気として位置づけられています。

 

治療の成果は、すぐには出ませんが継続して治療する意味はあるとされます。

 

では、この勃起不全(インポテンツ)の原因って何でしょうか?
原因を大きく分けると心因性、器質性に分かれます。

 

当然、どちらにも属さない原因不明の場合もあるのですが、精神的なストレスなどによって、勃起しなくなる状態が心因性です。

 

器質性というのは、機能的に何らかの問題を抱えている状態です。

 

例えば、勃起に関する神経や血管などが異常な場合などです。

 

この場合、原因は特定できますが、勃起不全(インポテンツ)を治療することはできません。

トップへ戻る