ED(勃起不全)と末梢神経障害

ED(勃起不全)と末梢神経障害

ED(勃起不全)と末梢神経障害

ED(勃起不全)の原因の一つ末梢神経障害
男性特有の病気であるED(勃起不全)は、様々な原因が挙げられます。

 

過去の女性とのトラブルによるトラウマや仕事や人間関係でのストレス、外傷など様々です。

 

また、ED(勃起不全)は末梢神経障害によっても起こる事があり、主に性器付近や腰髄・仙髄の末梢神経が傷つけられる、肉低的要因が発症原因となることもあります。

 

末梢神経障害には、骨盤内にある陰茎背神経(陰茎の上側)や、海綿体神経などの異常があり、前立腺ガンや直腸ガン、膀胱ガンなどの術後に後遺症としてED(勃起不全)を発症する事があります。

 

末梢神経障害のような外的要因によるは比較的多く、多くの男性がED(勃起不全)に悩んでいます。

 

末梢神経障害が以外の原因でのED(勃起不全)としては、心因性によるものが多く、特に女性に対してのトラウマや強いストレスが原因になる事があります。

 

また、意識しすぎる事でED(勃起不全)を発症する事もありますので、行為の時にはなるべくリラックスした状態でが望ましいのです。

 

ED(勃起不全)を予防する為には、ストレスを溜めない生活と生活習慣病にならないための食生活が必要になります。

 

生活習慣病を防ぐことで予防ができるのと同様に、常日頃から自身の便や尿に気を配り、法律や仕事の手順を遵守し、交通事故や労働災害などから身を守ることも出来ます。

トップへ戻る