男性の性機能障害(SD)と勃起不全(ED)の関係

男性の性機能障害(SD)と勃起不全(ED)の関係

男性の性機能障害(SD)と勃起不全(ED)の関係

男性の性機能障害(SD)と勃起不全(ED)の違い
勃起不全(ED)は男性の性機能障害(SD)の一種とされています。

 

一般的に知名度の高いのは勃起不全(ED)ですが、勃起不全(ED)予備軍とも言える男性の性機能障害(SD)に悩む男性は意外にも多くいます。

 

男性の性機能障害(SD)は、性欲・勃起・性的行為・射精・オーガスムのうち、ひとつでも欠けるか不十分なものされています。

 

性行為の最中に起こる、いわゆる「中折れ」なども男性の性機能障害(SD)の一種で症状が悪化すればそのまま勃起不全(ED)へと変わります。

 

勃起は交感・副交感神経の支配を受けているので、自身である程度コントロールすることが可能ですが、年齢と共に神経系も老化しますので、徐々に勃起も弱くなってきます。

 

勃起不全(ED)や男性の性機能障害(SD)は、心因性や器質性、加齢などが原因で起こります。

 

特に生活習慣病や強いストレスは勃起不全(ED)の原因としても知られていますので、これらを予防する事で勃起不全(ED)や男性の性機能障害(SD)を予防する事も可能です。

 

男性の性機能障害(SD)も勃起不全(ED)もどちらも治療が可能ですので、「もしかしたら」と感じたら、すぐに医師の診察を受ける事をお勧めします。

 

勃起不全(ED)や男性の性機能障害(SD)を抱え込んでしまうのは悪循環になりかねませんので、早期治療の為にも医師の診察は必要になります。

トップへ戻る