食生活の見直しでED(勃起不全)を防ぐ

食生活の見直しでED(勃起不全)を防ぐ

食生活の見直しでED(勃起不全)を防ぐ

食生活改善でED(勃起不全)予防
意外なようですが、食生活とED(勃起不全)は深い関係にあります。

 

ED(勃起不全)の原因は大きく分けて、心因性、器質性、加齢の3つに分類されます。

 

心因性ではストレスやトラウマなど心理的なものがあり、器質性では大病の術後の後遺症や投薬の後遺症で起こります。

 

加齢は40代を迎えた辺りからの更年期障害などが原因や筋力の低下などが原因でED(勃起不全)になります。

 

器質性のED(勃起不全)には、大抵、生活習慣病の手術や投薬が関係しています。

 

その為、生活習慣病を予防する事でED(勃起不全)を予防する事も出来るのです。

 

生活習慣病予防には食生活の改善が最も効果的で、コレステロールなどの、油脂類の過剰摂取を控え、バランスの取れた食生活を送る事が大切です。

 

不規則な食生活なども生活習慣病の原因になりますので、規則正しい時間に栄養バランスの取れた食生活を送る事で生活種運病予防と同時にED(勃起不全)予防になります。

 

生活習慣病には、ガン、糖尿病、高血圧、肥満、高脂血症などがあります。

 

いずれも命に関わるものですから、早い段階で予防策をとり、生活を改善する必要があります。

 

器質性のED(勃起不全)は治療にも非常に長い時間がかかりますから、ED(勃起不全)になってから対処するよりも、ED(勃起不全)になる前に予防をした方がいいでしょう。

トップへ戻る