勃起不全の疑問

勃起不全というのは男性特有の悩みですね。

 

若くてセックスが未経験だという方は、いざという時にかなり緊張してしまって勃起不全となってしまうという方もいます。

 

けれどもそのケースでは一時的なことが多く、病気だとは考えずにいいでしょう。

 

緊張に押されてしまって体のコントロールができなかっただけなのです。

 

一過性の症状であれば、勃起不全とは言い難いのです。

 

この原因となるものがは幾つもありますが、原因に心当たりがないとなると心因性なのではないかと診断されます。

 

一体なぜ勃起不全となってしまっているのでしょうか。

 

女性との接触で極度の緊張を感じてしまうのであれば、ただ女性との経験を地道に積んでいくしかありません。

 

人前でのふるまいや女性との付き合いを積み重ねていきましょう。

 

そのような状態であれば、経験と時間が解決してくれるので深刻ではありませんし、病院に相談に行くほどのことでもありません。

 

勃起不全は現代男性にとって大きな悩みとなりがちですが、勃起不全の増加が現代社会のせいだというわけでもないようです。

 

昔も、表に出ていなかっただけで潜在的な勃起不全患者はいたのだと思います。

 

プライドや恥ずかしさが大きく、ずっと勃起不全の悩みを隠していたという男性も少なくないはずです。

 

ただ、勃起不全は生きていく上で大した問題ではないですし、子作りをすることも可能なこともあります。

 

夫婦であれば、毎日一緒にいるのですから慣れますので緊張はほどけていくのです。

 

他の病気が原因となって勃起不全になっているケースもあります。

 

これは医学的にも証明されています。

 

病気を治療することで勃起不全を改善することも可能ですよ。

 

勃起不全が遺伝するという噂もありましたが、その噂は完全に誤りです。

 

 

男性は、緊張したりお酒を飲みすぎたりすると、勃起不全の状態になることがあります。
しかしたまに勃起しないことがあるからといって、それは病気の勃起不全ではありません。
治療の必要がある勃起不全とは、慢性的に勃起しない状態のことを指します。
あるいは、一度は勃起をしても性行為が終了するまで勃起状態が持続しない場合も勃起不全といえます。
もちろんこれも、いつも途中で駄目になってしまうというときに勃起不全を疑ったほうがよいのです。
勃起不全になるには心因性と器質性の原因があり、このどちらに分けられるかで治療の仕方が変わります。
これといった病気が原因しているわけではない限り、心因性の可能性が高くなります。
日頃からストレスをためこんでいたり、緊張したりプレッシャーがかかりやすい人は、心因性の勃起不全に注意したいところです。
勃起不全が心因性の原因で起こっている場合、人によってはED治療薬で勃起できたという自信をつけたことで問題が解消するケースもあるそうです。
でも、自分の勃起不全の原因が心因性なのか器質性なのか、疑問に思う人もいるでしょう?また、心因性なら病院に行く必要もないのでは?と思う人もいるかもしれません。
勃起不全に疑問が湧いたら、自己解決せずに病院に行くのがおすすめです。
病院で診断を受ければ、問題ないのか問題があるのかもわかります。

トップへ戻る