勃起不全と病気

何かしらの病気が原因となって勃起不全となってしまっているというパターンもあります。

 

この場合はまず勃起不全の治療の前に、勃起不全の原因と思われる病気を治療して治すことを考えましょう。

 

勃起不全の原因として挙げられるのは、まず循環器系の病気でしょう。

 

糖尿病や高血圧症、高脂血症といった病気は循環器系の病気の中でも患者が多く、定番となっています。

 

勃起の仕組みとしては、陰茎にある血管に血が集まって膨張することで勃起することが可能となります。

 

しかしながら血液循環に障害があれば、勃起不全となる可能性が自然と高くなってしまいます。

 

生活習慣病を発症している男性であれば、現在の年齢などは関係なく勃起不全になってもおかしくないと考えられます。

 

なので、勃起不全を改善するためには生活習慣病の治療が先決となるのです。

 

また、神経系統にトラブルが発生していて勃起不全になってしまっているというパターンもあります。

 

勃起を促すための神経にトラブルが起きていて、勃起ができないようになっているのです。

 

怪我や事故による半身マヒが原因となって勃起不全となっている方もいますし、うつ病などの精神疾患を患っている方の多くも勃起不全となってしまうようです。

 

自分では気づくことができないという勃起不全のケースもありますよ。

 

ただ日常生活に支障をきたしていないのであればあまり深刻に考えないようにしましょう。

 

子作りでは問題となりますが、それ以外ではあまり心配せずともいいでしょう。

 

勃起不全の原因が病気であるなら、病気の治療を優先しましょう。

 

勃起不全では治療のために薬の服用も可能ですが、薬による効果は一時的なものに過ぎず、根本的な解決にはなりません。

 

あなたは自身の体に何か病気が起きているのではないかと思いませんか?
生活習慣病や心臓病を発症しているのであれば、勃起不全になっても仕方ないのです。

トップへ戻る