勃起不全と体質

勃起不全を発症した患者さんの原因というのは様々です。

 

体質性勃起不全と呼ばれる種類では、体調を崩したことが勃起不全の原因となってるというものです。

 

体調不良を改善して体調を整えることで勃起不全も改善できるでしょう。

 

体調不良の原因として挙げられるのは、過労です。

 

過労にも肉体的な過労と精神的な過労がありますが、どちらも体質性勃起不全の原因になります。

 

精神的過労が原因である勃起不全と、心因性勃起不全とはオーバーラップしていると言っても過言ではありません。

 

会社で受けるストレスもそうですが、夫婦間の悩みや極度の緊張・ストレスといったものも勃起不全の原因として多いのだそうです。

 

子作りが義務のようになってしまい、遂には強迫観念にまでなってしまって勃起不全となってしまったという男性も多いのです。

 

これは極小コンプレックスとも呼ばれています。

 

自分に自信が持てずになっている状態のことです。

 

奥さんから子作りを何度も迫られるうちに、子作り自体がプレッシャーになってしまって勃起不全となるケースは珍しくありません。

 

けれどもそれらは病気としての治療というより、悩み相談などを利用して解消するのが望ましいのです。

 

ただそのような状態や現状を当人たちが理解できていなければ意味がありません。

 

緊張は勃起不全において最大の敵ですが、逆に緊張を感じるような環境にしてしまっていませんか?
ストレスの解消といっても、最適なストレス解消方法は個人によって異なりますから、各々ストレス解消法を見つけなければなりません。

 

日常生活の中でストレスを感じるというのは誰でも体験していることです。

 

そのストレスをエネルギーへと昇華させることができれば、元気も回復するでしょう。

 

全てはあなたの考え方次第で、勃起不全に悩みすぎないようにするのもあなた次第です。

トップへ戻る