勃起不全と食事

食生活が乱れ切ってメタボリックシンドロームになってしまう方も少なくありません。

 

ただの肥満だと思うかもしれませんが、その肥満が原因で勃起不全を引き起こしている男性もいますよ。

 

男性ホルモンの低下の原因に、肥満が挙げられるからです。

 

勃起不全の薬を飲むよりも先に、肥満の改善を心がけるようにしましょう。

 

肥満改善には食生活の改善が一番ですよ。

 

バランスの良い食生活に改善することで、勃起不全の解消のきっかけともなるのです。

 

肥満になると引き起こされる病気の一つとして動脈硬化が挙げられます。

 

食べ過ぎや運動不足によって内臓脂肪が蓄積してしまうと、動脈硬化になりやすいと言われています。

 

食べ過ぎはとにかく要注意です。

 

脂肪や糖分・エネルギーの摂りすぎは肥満の原因の一つです。

 

肉類を減らして魚や野菜を中心とした食生活にチェンジすることが大切です。

 

けれども肉を断つということではなく、肉の摂取量を適量にしましょう。

 

自分の努力だけでは難しいこともあるでしょうから、家族にも協力してもらうといいでしょう。

 

動物性脂肪を抑えて大豆を積極的に摂取していきましょう。

 

たったそれだけのことでも悪玉コレステロールの減少が可能です。

 

また、アルコールを飲むのであれば、ビールではなくワインにシフトしましょう。

 

ワインに含まれている代表的なポリフェノールは、動脈疾患を抑制するという働きを持っているのです。

 

日頃の食事がファーストフードばかりだという方は太りやすいと言えます。

 

食事のスタイルについてしっかり検討することも大事ですよ。

 

一つ一つの食材や料理をしっかりと咀嚼して味わうというのも大事です。

 

何気ない会話を楽しみながらの食事というのもオススメです。

トップへ戻る