勃起不全の原因

勃起不全という言葉を耳にする機会増えましたが、勃起不全というのは男性に起こる性機能障害のことを指しています。

 

陰茎が勃起できないとか、勃起した状態をキープできない障害です。

 

近年になってから急増しているというわけではなく、これまで表沙汰になっていなかっただけのようです。

 

けれども現代では勃起不全は病気の一つだと認知されるようになっており、病院での治療を行わなければならないケースもあります。

 

勃起不全が引き起こされる原因は数多くあり、原因がはっきりしないケースも少なくありません。

 

勃起不全の原因は、大きく分けて2種類に分けられます。
心因性と器質性の原因です。

 

心因性が原因となれば、精神的ストレスなどが原因になって勃起不全となります。

 

新婚初夜といったような極度の緊張を感じる場において勃起不全となってしまうこともありますが、過度の緊張が原因であればそれは一時的なものなので、緊張が緩和していけば症状も治まっていきます。

 

しかしながら、過去に受けたストレスやトラウマが原因となってセックスする時にストレスを感じてしまうのであれば、症状の改善が中々見られず勃起不全も深刻な症状となってしまっている可能性もあります。

 

勃起不全の原因によっては病院に行って相談することも大事です。

 

男性が持つ勃起力というのは、人それぞれの体力的資質によっても異なってきます。

 

長寿高齢化社会へと進んでいる現代において高齢者の勃起についても注目が集まりつつある中で、勃起不全を改善すべく治療を検討し始める人の数が増えていることも関係してきます。

 

高齢化が進んでいる世の中ですから、自然と勃起不全患者の割合も増えていくものです。

 

つまり、勃起不全は一種の老化の証でもあると言えます。

 

病気を発症して神経や血管等にトラブルが起きて勃起ができなくなっているケースもあります。

 

そのようなケースでは原因の解明は難しくないでしょうが、勃起不全の治療の前に発症した病気の治療が優先されます。

 

勃起不全を思い悩む必要はありませんが、これから先子作りをお考えであるならば、勃起不全はなんとか解消しておきたいものですね。

トップへ戻る