勃起不全(インポテンツ)と体質について

勃起不全(インポテンツ)と体質について

勃起不全(インポテンツ)と体質について

勃起不全(インポテンツ)には、体質性勃起不全(インポテンツ)と心因性勃起不全(インポテンツ)と、その混合型に分けられることをご存知でしょうか?
体質性というのは、その名の通り、体質が原因で勃起不全(インポテンツ)になってしまうというものです。

 

体に勃起不全(インポテンツ)を起こしてしまう持病があって、その症状として勃起不全(インポテンツ)が起こっているとしたら、それは体質性です。

 

また、過度の肥満であったり、加齢が進んできたり、そういった体に何らかの原因がある場合に起こる勃起不全(インポテンツ)は、すべて体質性です。

 

一方、精神的なストレスや過労による勃起不全(インポテンツ)は、心因性勃起不全(インポテンツ)と呼ばれます。

 

男性には、様々な大きなストレスがありますよね。

 

職場でのストレスだけではなく、夫婦間でのストレス、子どもとの関係のストレス、そういった心が休まらない緊張も勃起不全(インポテンツ)の大きな要因なのです。

 

不妊治療などで夫が勃起不全(インポテンツ)になってしまうことはよくあります。

 

それだけ大きな重圧がのしかかっているということです。

 

体質性の場合には、体から原因を取り除くようにしていきます。

 

また、心因性の方は、病気と言うよりも悩んでいることがストレスになっているので、悩み相談、いわゆるカウンセリングなどで解消すべきです。

 

ちなみに、体質性の場合には体を健康に保つように努めていれば、勃起不全(インポテンツ)を治すことができることが多いです。

 

普段の生活習慣に注目して、自分自身の意識を改革していくことで普通に勃起できるようになります。

 

生活習慣を見直すのは、非常に難しいことですがそれで勃起不全(インポテンツ)が治るのであれば努力すべきでしょう。

トップへ戻る