動物のEDとは

動物の勃起不全(ED)による影響
勃起不全(ED)は人間特有のものではありません。

 

哺乳類以外でも体内受精をする動物であれば、勃起不全(ED)になる可能性があります。

 

サルの同性愛や幼女嗜好があるように、人間以外の動物にも勃起不全(ED)はあります。

 

現在、精子の減少傾向が深刻な問題になっています。

 

 

精子の減少傾向は人間だけでなく、動物全体に及んでいますので、種の絶滅の危機や食糧問題にも大きく関係しています。

 

現在、家畜やペットの勃起不全(ED)についての研究が続けられており、最悪の場合には種の絶滅もあり得るという報告があります。

 

高等哺乳類では、発情により陰茎の海綿体の血流量が増えることで勃起するとされており、
これを補助する為、陰茎骨とよばれる骨があることもあります。

 

 

陰茎骨は筋肉によって陰茎を伸ばす働きをしており、勃起不全(ED)は、
こられの機能が正常に働かない為に起こるものだと考えられています。

 

 

動物、とりわけ豚や牛など家畜の勃起不全(ED)による種の絶滅は、
転じて食糧問題にも直結する問題である為、自然授精以外での人工授精の研究が進められています。

 

人にとっては勃起不全(ED)ですが、動物にとっては種の存続そのものを意味しますので、
勃起不全(ED)となった動物は絶滅の一途を辿るしか道はありません。

 

最悪の事態を未然に防ぐ為には、まだまだ研究を続ける必要がありますが、
今尚精子の減少傾向や勃起不全(ED)は悪化を続けています。

トップへ戻る