ED(勃起不全)と道教伝説

ED(勃起不全)と道鏡伝説の関係性
多くの男性がED(勃起不全)に悩んでいます。

 

ED(勃起不全)の原因は様々で、ストレスやトラウマなどの心因性や事故や手術後の後遺症などの器質性があります。

 

また、ED(勃起不全)の原因の一つに加齢によるものもある為、ある程度の年齢に達した男性はED(勃起不全)になる可能性も高くなります。

 

ED(勃起不全)の原因の一つである心因性に道鏡伝説のような“巨根崇拝主義”があります。

 

道鏡伝説を簡単に説明すれば、皇位を狙い、時の女帝に近づいた挙句、和気清麻呂のご神託により左遷され、左遷された先の熊本では、地元の有力氏から若くて美しい女性をめとり子を授かると言った逸話になります。

 

こうした逸話から道教は“大淫蕩”として伝説化され、性欲に関する権化とされるまでになりました。

 

道鏡伝説とは、男性の精力の強さを伝える伝説として今なお語り継がれています。

 

しかし、この道鏡伝説が男性の根源にはあり、精力の乏しさを“自身のふがいなさ”といった、精神的抑制作用に変えて強いストレスとなります。

 

また、道鏡伝説では男性器の大きさなどもありますので、女性が総じて“陰茎の大きいほうを好む”といった誤った考えからくるプレッシャーなどもストレスとなり、ED(勃起不全)になる事があります。

 

道鏡伝説はただの伝承であって、多くの女性が男性器の大きさに対して特に関心を持ちません。

 

女性は基本的には雰囲気など感覚によって発情しますので、男性器の大きさに拘るよりも雰囲気作りに拘る方がいいでしょう。

トップへ戻る