勃起不全が起こる原因

昔から、勃起不全に悩む男性はいました。
陰茎の勃起機能が不全になるので、十分に勃起しなかったり途中で勃起状態がもたなくなってしまうのです。
これにより男性は性的機能が使いものにならなくなるので、大きな悩みを抱えてしまいます。
昔からこの問題に悩む男性はいたのに、勃起不全が病気として認定されたのは近年のことです。
病気と認められるようになってからは、病院で治療を受けることも可能になりました。
そんな勃起不全は、原因がいくつも考えられています。
そこで、今では心因性と器質性という2つの種類に大きく分けているようです。
心因性は、想像がつくようにストレスをはじめとした精神面での影響が原因です。
プレッシャーから勃起不全となってしまう人、勃起不全によってうつ病のようになってしまう人もいます。
一方、器質性では病気が原因しているなどの身体的な問題が勃起不全を起こします。
男性は、加齢によっても勃起機能が衰えてきます。
年をとると血の巡りが悪くなってきたり体力がなくなってきたりするので、加齢による勃起不全は誰にでも起こるものです。
ただし、男性は何歳になっても精力を備えていたい人が多く、最近では気が若い人も多いため、加齢による勃起不全を受け入れ難いと思う人が増えています。
器質性の場合は、病気が治れば勃起不全も改善する場合が多いのです。
しかし、心因性の場合は、そう簡単には解決とならないようです。

トップへ戻る