ストレスによる勃起不全

現代はストレス社会といわれていますが、なぜストレスが問題視されるのかをご存知ですか?誰しも悩みを抱えることはありますが、その度合いが過ぎると自律神経にまで影響がおよぶのです。
自律神経に乱れが生じると、心の問題だけではなくなってきます。
体調が悪くなり、そのままの状態が続けば身体の病気を発症することもあるかもしれません。
その一つが勃起不全であり、ストレスは勃起不全にとって大敵です。
ただ、勃起不全イコールストレスが原因ではなく、勃起不全の原因は多岐に渡っていることは忘れないでおきましょう。
ではなぜ、ストレスが勃起不全につながることがあるのでしょうか?それは、勃起不全が血行不良から起こることに関係しています。
ストレスがかかると、緊張から血管が縮小します。
すると血液循環が悪くなるため、陰茎にも血が集まりにくくなるのです。
もしもストレスが原因で勃起不全になっているのであれば、ストレスを取り除けば悩みも解消するはずです。
しかしストレスを取り除くのは容易ではないと考える人が多く、ストレス以外にも原因がひそんでいる可能性があります。
自分ひとりでストレスをためこまないようにするには、医師に相談してみるのが一番です。
原因がどこにあるかも明確になってくるので、少しずつ心が軽くなってきてストレスは取り除かれていくでしょう。

トップへ戻る